女性の単身住まいに向いている賃貸物件とは?

女性の単身住まいで気をつけたい問題は?

賃貸の一人暮らしは、小さいながらも自分のお城が持て、自由なライフスタイルを楽しめるところが魅力です。
ただ、女性の単身住まいとなるとセキュリティの問題が気になってきます。物件の選び方によってはトラブルが起こりやすくなるので、女性は安心して暮らせる単身物件を選ぶことが大切です。
女性が一人暮らしをするときは、女性を狙った犯罪に巻き込まれないようにしなければなりません。女性は男性の単身住まいに比べ、不審者の侵入、窃盗、プライバシーをのぞかれる、といった犯罪にあいやすいので注意が必要です。また物件の中に限らず、周辺環境では夜間の帰宅時など、痴漢に出逢ったり、家まであとをつけられたり、といったトラブルにも気をつけたいです。

女性の単身住まいにはこんな物件がおすすめ

女性は、セキュリティ対策がしっかりしている賃貸物件を選びましょう。オートロック式、モニター付きインターフォンの設置されている物件は防犯効果が高くなっています。エレベータや共有部分にモニターカメラが設置されている物件なら、より安全です。
周辺が木などで覆われ見通しが悪い物件、通路が薄暗かったりゴミがたくさん落ちたりしているような物件はなるべく避けましょう。
また、周辺地域の治安の良し悪し、夜間の人けについても確認しておきたいものです。女性が夜中に長く一人歩きしなくてすむよう、駅から近い物件を選ぶのも良いですよ。
部屋を選ぶときは、ベランダから侵入されにくい3階以上がおすすめです。
また、少し家賃は割高ではありますが、女性専用アパートに入居するのがやはり一番安心できます。通常のアパートよりもセキュリティ対策がさらに強化され、女性しか住んでいないので、安心して一人暮らしを楽しむことができます。

© Copyright Residential Lease Agreement. All Rights Reserved.