喧嘩を防ごう!プライベートが守られた間取りの家とは?

二人暮らし向きの間取りとは

新婚世帯の部屋探しでは、一人暮らしとは違って二人で住むことを考慮する必要がありますが、その中で最も重要なのは間取りをどうするかということです。一人暮らしではワンルームや1Kでも十分ですが、二人暮らしの場合はある程度の広さが必要になります。しかし、広すぎると家賃が高くなってしまうため、そうしたバランスを考えることが重要になってくるでしょう。二人暮らしでよく選ばれている間取りとしては、居室2つとリビング、そしてダイニングキッチンがある2LDKや、居室2つとダイニングキッチンがある2DKが選ばれるケースが多いと言えます。あるいは、それより狭い1LDKや1DK、そして二人暮らしではかなり余裕をもった間取りである3LDKが選ばれることもあるでしょう。

プライベートを確保することも重要

新婚世帯の間取り選びのポイントとして知っておきたいのは、お互いのプライベートを確保することも忘れないようにするということです。結婚したばかりの頃は、二人でいつも一緒にいたいという人も多いため、狭い間取りでもいいと考えがちになります。しかし新婚であっても、お互いに部屋を分けるなどして一定の距離を保つことが、喧嘩を防ぐことに繋がることもあるでしょう。そこでお勧めなのが2LDKという間取りです。2LDKなら、お互いに個室をそれぞれ持つことが出来て、尚且つリビングでは二人で過ごすことが出来るため、二人暮らしにとっては非常にバランスのいい間取りだと言えるでしょう。あるいは、もう少し広い3LDKでも構わないのですが、こちらは間取りが広い分家賃が高くなってしまうため、お金に余裕がある場合に選ぶと良いと言えます。

© Copyright Residential Lease Agreement. All Rights Reserved.